エスプリについて

エスプリの由来

フランス語でエスプリは「魂」、フルールは「花」、「花の魂」という意味です。『呉服の販売を通じて、お客さまや関係のある人達の心を豊かにする呉服屋、心と心のふれあいを大事にする呉服屋でありたい』との思いから、店名を「エスプリ・ドゥ・フルール」と名付けました。

良い品を取り揃えてお待ちしております。どうぞお気軽にお越し下さい。

お客様とのお付き合い

お客様とは、親戚のようなお付き合いをさせて頂いております。お客様からの紹介で来店される方がとても多く、お客様同志で紹介していただき、来店いただけるのはお店の信用・信頼度の表れだと思っております。とてもありがたいことです。

エスプリの展示会

毎月1回、3週目の週末には展示会を行います。著名なゲストを招いてトークショーを行ったり、季節のおいしいものを御用意してお待ちしております。お客様からは、良いものが安いのはもちろん、それ以外にも必ず良い事があるとご好評を頂いております。たくさんの出会いや笑顔が生まれる場を目指しております。
※展示会の開催日程は変更になる場合もございます。お電話にてお問い合わせ下さい。

(株)エスプリ・ドゥ・フルール 会長
土路生 健治

『存在感のある店にならなければいけない。それが安心感に変わる。』より多くの方に着物に慣れ親しんでもらいたいと思っております。特に一生の思い出となる成人式を迎える女性には、「ステキな振り袖を着させてあげたい」という気持ちで、適正な販売価格を提示できるよう励んでおります。その努力が着物の普及につながると考えております。

(株)エスプリ・ドゥ・フルール 社長
稲毛 女久美

呉服店は敷居が高いイメージがあります。エスプリは常にその真逆のお店でありたい。「困ったことがあればエスプリさんに聞いてみよう」とすぐに思い浮かぶような、家族的で親しみのある『安心できる呉服屋さん』『お客さんの笑顔を感じる呉服屋さん』を目指しております。笑顔は、幸せの原点です。