旅に目的があるように、人生にもその意義があるのではないでしょうか?人は思春期、中年期、そして老年期とそれぞれの時代に自分の存在意義を自らに問いかけます。その答えを見い出さないままに老年期を迎え、「今後、どう生きていけばいいのだろうか?」と自問自答のまま生きることを余儀なくされている方も多いでしょう。エスプリでは、こうした方々に旅に出ることをお勧めしています。旅は人の気持ちに新たにエネルギーを注入し、その人の人生をさらに高めることに役立ちます。エスプリの旅行の歴史は古く、約半世紀にわたって国内外への旅を企画実行しています。それは旅を通して、皆様と共に人生を楽しんで行こうという思いにほかなりません。
エスプリでは、分かり合えるもの同士で旅をすることを目的に「エスプリ・ドゥ・フルール旅行クラブ」を立ち上げることに致しました。
皆様、揃って入会頂きますようお誘い申し上げます。(入会金は不要です。)

【2013年度以降の渡航予定】
8月18日〜
ブータン王国/ほほえみの国ブータンで笑顔の訳を知る
11月1日〜
スリランカ/本場のアーユルヴェーダを体験
2月下旬〜
ドバイ(今回で15回目)/繁栄を誇る魅惑アラビアンリゾート
5月上旬〜
ペルー/マチュピチュ遺跡など世界遺産が多数存在する神秘の国

旅行レポート

ブータン王国2012.8

2012年8月下旬、お客様とご一緒に「世界一幸福な国」といわれているブータン王国へ行ってきました。東日本大震災時に国を挙げて支援していただいた事に感謝するとともに、世界一幸せな国とはどういうところか、なぜ世界一と呼ばれているのか、ブータンに行って感じた国民の文化や伝統に対する考えをご紹介致します。


ブータンの織物は生活の一部。高い技術はひろく受け継がれている。

昼間でも薄暗い教室だが、どの教室も活気に満ちていた。本当に良い笑顔だ。

首都ティンプー周辺は店舗兼マンションの建設ラッシュ。また、インフラ整備が進む。

街のいたるところにあるマニ車を回し、祈りを捧げる。

首都ティンプーにあるメモリアルチョルテン。色鮮やかな仏画や仏像が数多く納められている。

「プナカ・ゾン」はブータンで一番美しいゾンといわれる。ゾンとは宗教と行政を司る機関である。

躍動的で色鮮やかな仮面舞踊、チャム。舞踊によって難しい宗教の教えをわかりやすく親しみやすい形で伝える。